car



2005年10月30日、キョウセイでG6モンテカルロラウンドが行われた。
6つのショップが主催するからG6なんですが、(今年は7ショップだけどG6)
今回は最後のショップで、11月に行われる今年に1回以上G6に出た人しか出れない、
G6フェスティバルに出場すべく、新規の人の申込がかなり殺到したのか、1週間ちょいで定員に達した・・・。
申し込み台数は149台。あっしはなんとかギリギリ間に合った感じでした。

G6ジムカーナ中部・近畿シリーズ第7戦 モンテカルロラウンド
G6はいつも同じメンバー。奥から、だい選手、監視人選手、あっし。ばった。さんは遅刻のため向こうの奥のほうーのパドックに。あっし号は373さんとダブルエントリーのためゼッケンが2枚あります。 まずはG6の見所の一つであるマーシャル走行。全日本ドライバーやモンテカルロの速いスゴイ方々がまずサクッと走ります。こちらはいつも鬼のようなドリフトで走る黄金バット86!毎度ですがスゴイっす。 こちらはモンテカルロのシャチョさんである小川社長のエボ8!ハイパワー4駆のエボをフゴォォォーーー!っと操ります。前はFDに乗ってたはずですがどこへ行ったんだろ?ロードスターも持ってます。 オートマクラスにフィットでエントリーしたのは「妖怪じじい」こと清本選手!久野アナのSWからERGのマグネットステッカーをパクっての出走です。スムーズな走りで結果は2位表彰台!妖気ムソムソです。
こちらはFF1クラスのミラージュ。かつて全日本で優勝したことのある”日本最速”のミラージュです。しかもドライバーは当時と同じで、現役全日本ドライバーの鈴木選手。もちろん優勝ですがそりゃ勝てんです。。 その日本最速ミラージュと戦うことになったFF1の監視人選手・・・!本番1本目はスピンをしてしまって、2本目はけっこう良い感じだと思ったけど14番手。FF1はけっこう人気クラスなので、なかなか壁が厚そうです。 もはや運命としか思えん、毎度だい選手と連番ゼッケンのばった。選手の銀線ランティス。毎度あっしも出走準備しながらしか見れないのですが、インテ、シビックを数台食らい半分くらいの位置に!! んで、来夢来人一大会に出場してるパワフルファイターであるDC5のだい選手。あんまシッカリ見れんかったけど、ラスト前のサイドが決まらずだったが3位表彰台げっと!もっと上の順位もそう遠くはない!
そしてこちらは、あっしとダブルエントリーの373選手。普段はMRSなんですが、このS2000に乗るのは2、3回目。しかもあんま乗ったことない人からしたらスゴイ乗りにくい車だと思うんだけど、それでも6位入賞! こっちはオーナーのあっし。練習・本番1本目と、シフトミスや突っ込みすぎがあったけど、最後は大きなミス無く良い具合に走れたつもりだったが2番手。しかし今年は表彰台に3回乗れただけでも大きな進歩かなぁ。 んで全日本ダートラドライバー”全開”こと北村選手!大遅刻したプレジャー大橋社長のインプレッサでダブルエントリー。イン側が縁石に乗って車体が浮いたりしたけど、それでもこの白煙の量!!サスガは漢です。 これはあっしのFR1クラスの表彰式の模様。スキーのジャンプ台みたいになってます。前のほうに座ってる人が手を前に出して左下に動かしるのが見えたとです。ちなみに手前で一番目立ってるのはY怪じじい氏!!

今回はいつも”秒差”で離される激速な選手がいなかったので、トップを狙ってたんですが届かず!
前回の6月のG6とは違い、ちょっと悔しい2位でした。
来年こそは、なんとか一矢報いたいところです。

リザルト

Report by タグマン@管理人 Photo by 監視人様・223様、85様夫妻・タグマン@管理人

一覧へ