car



 2006年10月29日、毎度おなじみ岡崎のキョウセイでG6最終戦が行われた!
 出走台数は約160台。天気は明け方雨降るとかそんな感じだったけど、曇りのち晴れ。
 でも路面にはちょろっと川が残ってたりしとった。
 コースはグルグル回っておもしろくも難しい感じで、良いコースだった。

G6ジムカーナ中部・近畿シリーズ第6戦 モンテカルロラウンド
モンテカルロ主催ってことでモンテカルロのデモカーのランエボ8。8かどうか見分けるポイントは・・・エンブレムの土台が白いかどうか。9はちょっとだけこれよかスッキリ顔どぇすヨ。 今回はマーシャルカーの黄金バットハチロク!どんなコ−スだろうとドリフトで全部繋げてきます。この方の走りを見ると、タイムなんかどうでもよくなってきちゃいます。(ホントか?) 今年雁が原知り合いになったM藤選手の黒シビック。キョウセイシリーズにも出てるらしく、会場で会うたびに監視人君をキョウセイシリーズに勧誘しとるような気がします!(笑) こちらは今年の東海シリーズN2クラスチャンプの選手!助手席には同シリーズ同クラス3位のmasatti選手!今回は東海よりも各上イベントの、”地区戦”のN2チャンプを下しての優勝!
こちらはS車のミラージュ。ミラゲは久々に見た気がするけど、いつ見てもよいなぁ〜。シビックでウマイ人よりもミラゲでうまい人のほうが、なんでだか”すげぇ〜”と感じる度が違います。 ATのフィットで走るのはY怪こと妖怪じじぃ師匠!あっしがダイナランドでジムカーナ始めた頃からの師匠(勝手に)です。なんか会場で会うと、これまたなんでだか安心するのです。妖気かな。 こりゃ〜スバルのヴィヴィオ!ヴィヴィオといやー4WDでスーパーチャージャー付いとる軽でラリーなんかで走ってるイメージありますが、この車はなんとFR仕様!ターンなんかクリ〜ンと回る! こちらはまんまFFのトゥデイ!フルノーマルっぽい容姿で果敢に攻めとってギャラリーはみんな”コケそう!?”とドキドキでした。ドライバーもむっちゃ首傾けてとる!乗ってるほうも怖そうです。
この黄色い古そ〜な車は、最初に紹介したランエボの2より1よりも古いランサーターボ(ランタボ)と言われる車。ランエボは4WDですが、コレはFR車です。ってことで豪快に滑らせて遊んどった! やっと身内選手!まずはレディースクラスにエントリーのぱぷあ選手。今年の夏頃練習会で見た時、劇的に速くなっとって、今回もかなり良い感じだったが2本目の謎のタイムダウンにご立腹! 超新品01Rをフロントに奢っての出走は監視人君!慣熟歩行はけっこうマジメにやるけど実際走るとハチャメチャな場合が多い!(あっしも同じですが・・・)あとはメリハリの付けどころか!? こちらはFF3クラスの大ボス、だい選手!大会にたくさん出とるだけあって、あっしと違ってキッチリタイムを残し安定もしています。本番2本目は2名乗車なのにタイムアップして堂々の優勝!!
こりゃあっしの練習走行最後の270°ターンの立ち上がり。パイロン踏みそうなくらい寄っとるぎゃ〜!と思った人は惜しい!踏んでます。本番1本目ではゼッケン通りイチオーイチ位でした。。 こちらの怪しい車は、さしみ選手!毎度同じくH愛有さんとダブルでの出場です。H愛有さんがタイヤを超ホッツにしたあとの走行だったけど、走りにくくはなかったのだろうか!? 毎度ですが、こっち向いてんのに右に進んでる車を運転しとるのはH愛有選手。今回は1人少なくて3名乗車です。3人とも首傾いてんのがなんかおもろい。そんなわけでドリフト賞げっと! そのドリフト賞で久野アナから贈呈された景品がコレ!!パンチングおもちゃです。「こんなんが景品かよ!」とか言ってた割には、ずっと離さずシャカシャカ遊んでました。お気に入り決定。

てことで僅差でしかも逆転されて負けた超ー悔しい大会でしたが、かなり楽しめた!
とりあえず残すところ11/19のG6フェスティバルのみ。今年最後の大会で有終の美を飾ることができるのだろうか!

Report by タグマン@管理人 Photo by 監視人様・タグマン@管理人

一覧へ